サイトマップ リンク お問合せ窓口
メールマガジンご購読はこちら
プレゼントキャンペーン
プレゼント当選者発表

プレゼント当選者発表
■商品別で選ぶ
烏骨鶏(うこっけい)
ヨード卵・光
いつものたまご
ギフトコーナー
マルヒの休日
 雑貨屋
 お菓子屋
  ■予算別で選ぶ
〜1000円以下
1001円〜2000円
2001円〜3000円
3001円以上
取扱い商品一覧
マルヒイチオシ
烏骨鶏のたまご
おいしくて便利♪メグピヨ便利レシピ
楽天レシピ
hinahanの元気日記
facebook
お客様の声
営業日カレンダー

の日は、発送業務をお休みさせて頂きます。お休み中に頂きましたご注文は翌営業日からの発送となります。

インターネット・メールでのご注文、お問合せは24時間受け付けております。
お電話でのお問合せは9:00から16:00の間でお願いします。

お菓子屋
雑貨屋
メグピヨ便り

安全と安心をお約束≪お客様相談室≫

>>ご注文方法
>>
お支払い・送料について
>>
プライバシーポリシー
>>
特定商取引に関する表示
>>
お問合せ
>>
会社案内
>>
メルマガ登録・削除


仕入れ業者の方へ



観光自動車株式会社

熊本のホームページ制作会社 フロンティアビジョン株式会社

いっとかごしまねっと

自社農場の烏骨鶏 マルヒ株式会社

ランキングに参加しています

WEB SHOP e-shops
ショッピングランキングforレディース キングサイトランキング 食品・食材
お取り寄せグルメ 産直サーチ ネット通販ディレクトリ
ネットショップランキング 遊んで貯めるポイントサイト - Warau.JP


まめ辞典
烏骨鶏(うこっけい)とは? 自社農場の烏骨鶏(うこっけい)
無臭にんにくに秘められたパワー 鶏卵の秘密
鹿児島の黒酢

鶏卵の秘密

良質タンパク・必須アミノ酸の宝庫

たまご
のタンパク質は、すべての食品中でも最も質的に優れています。
それはタンパク質をつくるうえでとても大切な8種類の必須アミノ酸が理想的なバランスで含まれているからです。
良質のタンパク質は、エネルギー源として働き、疲労回復や内臓の働きの活性化も助けます。
ちなみに、たんぱく質を漢字で書くと「蛋白質」であり、この「蛋」という字は、中国語で「たまご」を意味します。

PageTop >>

殺菌効果抜群リゾチーム

卵白から発見された抗菌作用のある酵素です。これは市販の風邪薬にも含まれています。このリゾチームは、殺菌効果や体に有害なウィルスを溶かす働きがあり、免疫力を高めるといわれています。
風邪には「たまご酒」というのは、理にかなっていたんです! メグピヨイラスト

PageTop >>
コリンで脳もイキイキ!

全ての食品の中でも、最もリン脂質の含有率が高い、卵黄。このリン脂質の中で特に重要な成分がコリンです。このコリンは脳を活性化し、老人性痴呆症の防止・改善にも効果があると脚光をあびています。
また、体内に入ると、神経伝達物質である「アセチルコリン」がつくられ記憶力や学習能力がアップするといわれています。
この他のコリンには血液を固まりにくくする働きや、女性には気になるお肌の老化を防ぐ効果もありといわれています。

メグピヨイラスト

PageTop >>
肝臓を守るメチオニン

たまごには肝臓でアルコールを分解する時に必要なメチオニンが多く含まれています。これは必須アミノ酸の一種で二日酔いの薬には必ず入ってる成分で、他の食品に比べてたまごに非常に多く含まれています。
弱った肝臓の回復力を高める成分である3つのアミノ酸(シスチン・グリシン・グルタミン)もバランスよく含まれています。
またこのメチオニンにはがん予防に大きな働きをすることが注目されています。
お酒のおつまみには「たまご料理」をおすすめです。
メグピヨイラスト

PageTop >>
完全無敵!?

ガンを始めとする心臓病、糖尿病、高血圧といった生活習慣病を防いだり、人間の骨を作ったり、その骨を丈夫に保ったり、と人間には様々な栄養素が必要です。
驚くべきことに「たまご」にはビタミンCと食物繊維を除く全ての栄養素がバランスよく含まれています。
これが『完全栄養食品』といわれる所以です。
ビタミンCや食物繊維も「たまごサラダ」などにして野菜と一緒にとればパーフェクト!
たまごサラダのイラスト

PageTop >>

ビタミン&ミネラルも抜群!

たまごにはタンパク質の他に、ビタミンA、B1、B2、D、さらに、若返りのビタミンともいわれているビタミンEなどが豊富に含まれています。これは他のタンパク食品と比べても優れた特徴のひとつです。さらに鉄分はほうれん草のおおよそ2倍カルシウムも牛乳の1.5倍と、ミネラルの含有率も抜群!ビタミンEやカロチン(ビタミンAの元)にはがん予防効果があるといわれています。
まさにたまごは『完全栄養食品』です。

たまごイラスト

PageTop >>
たまごのコレステロールは善玉!?

たまごを毎日食べると、コレステロールの過剰摂取になるんじゃないかとお考えの方がいますが、たまごのコレステロールは善玉でありまったく心配ありません。

たまごのコレステロールは善玉だといわれるのはなぜでしょう?

理由その1
ミリスチン酸が非常に少ないから

食べ物に含まれるコレステロールと同じように、小腸で吸収され、肝臓に運ばれるものにミリスチン酸という脂肪酸があります。ミリスチン酸は肝臓を刺激すると同時に、コレステロール合成の材料となって大量に血液中に流出させます。
血液中に入ったコレステロールは、細胞膜の合成などに使われるので悪影響は無いのですが、余ったコレステロールが肝臓にもどるのをミリスチン酸が邪魔します。これが悪玉コレステロールとなり、次第に血中にコレステロールがあふれ、長い時間をかけて動脈硬化の原因となっていきます。
たまごはコレステロールの多い食品ですが、、それが血中コレステロール値を上昇させるわけではありません。たまごには、この問題のミリスチン酸はほとんど含まれていない上に、コレステロールを下げる効果のあるオレイン酸が豊富に含まれているからです。

理由その2
コレステロールを低下させる卵白のシスチン、卵黄のレシチン
最近では、卵白は血中コレステロール、特に悪玉コレステロールを下げる効果があることが明らかになっています。それは卵白に含まれるアミノ酸シスチンの効果ではないかといわれています。
また、卵黄にはレシチンという脂肪酸が含まれていますが、レシチンは、血液の悪玉コレステロールを減らす働きがあるといわれています。

つまり、『たまご』は「健康にやさしい食品」なのです。



ページトップ

Copyright(C)2007 Maruhi Co., Ltd All Right Reserved